Kevin Carroll Katalyst

Tuesday Inspiration: Red Ball Drop Uganda
Aug 05, 2008 | Posted by KC
My man, Jeremy Goldberg, Executive Director of Global Youth Partnership for Africa and majordomo of Uganda’s Team Gomo Tong, is reporting live from Uganda. Here is his latest ‘Millennial Challenge’ blog post:
Today begins the Red Ball Drop Uganda. In preparation, I talked with local organizers, students and youth who participate in the GYPA soccer programming and peer-to-peer youth leadership training programs in Namuwongo. One of the common themes is that the youth want to get better at sports, but primarily want to become better leaders. In their mind, the more time they put in, the more they will get out. Essentially, “practice makes perfect.”
Unfortunately, too many kids around the world don’t have the opportunity to practice. Yes, because they do not have a ball, or the equipment needed, but more so because they don’t have role models, coaches or others to give them a pat on the back, or a thumbs up after great hustle. As the sports for social change movement grows, these important elements MUST be central ingredients, otherwise the movement falls short of its goals: to empower individuals, and uplift and fundamentally improve communities.

Mon, Jul. 28, 2008
Six years later, Allen Iverson’s career-defining quote still pops up on Sportscenter or in daily cultural references.
And, like AI, yes, I’m talking about practice, but not as an evil to be avoided, but as an opportunity. I’m talking about practice because, for thousands of kids, the word has little significance.
Though they see sports on TV, listen to music on the radio or play games at home, they have no chance to practice with their peers. To them, practice is something suburban moms on a television show take their kids to via minivan. To them, practice is something Brian Westbrook sits out so he can be ready to dominate on Sundays.
Practice. It’s time to talk about practice and where it went.
Philadelphia once had a thriving youth-sports and cultural-organization network. Those of us who preceded the present practice-less generation remember games played at our local rec centers with hopes of taking on teams from Feltonville or West Philly. We remember practice and the time spent with our friends and teammates under the direction of volunteer coaches, usually a few our parents.
Thankfully, some parts of the city still have good organizations. We are lucky in my community of Fishtown to be one of them. Across the city, thousands of kids are currently involved in sports, arts and drama and other community-based cultural organizations thanks to the dedicated volunteers who help bring them this opportunity.
Unfortunately, a disproportionately larger number of kids don’t have the chance to participate. For them, practice is limited to rumor and a dream that one day they too can experience the thrill of being part of a team or performing in a play.

Tuesday Inspiration: Can A Ball Really Change The World?
Jul 29, 2008 | Posted by KC
Two weeks ago I read an article in the Express that said the U.S. Trials for the Homeless World Cup were coming to DC. That’s right – the Homeless World Cup, coming to recruit homeless men and women from our nation’s capital to compete against other homeless men and women from around the world. Apparently the local players would stay in George Washington University housing, attend the LA Galaxy-DC United game and compete for a spot on the U.S. national team, which travels to Melbourne, Australia, in December.
Now, I had heard (and quite honestly, chuckled a little) about the Homeless World Cup last year when I learned that ESPN was co-sponsoring a documentary about the global phenomenon. (You can watch a trailer for the film, entitled “Kicking It,” here). But what seemed comical at the time - a vision of bearded, teethless individuals scurrying madly about an open field for someone else’s entertainment - was true misconception; I didn’t realize or appreciate potentially how phenomenal the Homeless World Cup could be.
After reading the article in the Express, therefore, I decided I should visit the Homeless World Cup website to learn more. And, to my utter amazement, this is what I found:
Homeless World CupThere are one billion homeless people living in our world today.
The Homeless World Cup exists to end this, so we all have a home, a basic human need.
The Homeless World Cup is an annual, international football tournament, uniting teams of people who are homeless and excluded to take a once in a lifetime opportunity to represent their country and change their lives forever.
If only America’s rich NBA stars could feel the same way about representing their home country in the 2008 Olympics, maybe they wouldn’t lose. But I digress…
The impact of the Homeless World Cup is consistently significant year after year with 73% of players changing their lives for the better by coming off drugs and alcohol, moving into jobs, education, homes, training, reuniting with families and even going on to become players and coaches for pro or semi-pro soccer teams.
The ultimate goal of the tournament? To use sports as a means for social inclusion, involving between 100,000 and one million players by 2012. In a word, to use sports for social change.



(同法第1項、第18条第1項)補助金等に係る予算の執行の適正化に関する法律第11条の規定に違反して補助金等の他の用途への使用又は間接補助金等の他の用途への使用をした者は、3年以下の懲役若しくは50万円以下の罰金に処し、又はこれを併科する。(同法第30条)地方財政法 国が地方公共団体に交付している補助金、負担金等の特定財源を総称して国庫支出金といい、地方財政法はこれを国庫負担金、国庫補助金、国庫委託金に分類したうえで、国の責務、額の算定にあたっての原則等を定める。

ミネトンカのコンセプト、それはインディアンの靴作りの伝承です。ミネトンカは、モカシンなどを見れば一目でわかるように、昔ながらのシンプルな製法を徹底しており、ハンドメイドにこだわりぬいた靴をつくり続けています。その靴作りの秘密は、ミネトンカのほとんどが家族経営で作られているからです。ミネトンカの靴やブーツのクオリティを維持するためには、家族経営が一番だとミネトンカは考えられているのです。 ミネトンカは、ケイトモスなどのセレブが火付け役となりまたたく間に全米に広がり、日本でも知られるようになりました。


1. 倒産(破産、民事再生、会社更生等の各倒産手続の申立て又は手形取引の停止等) に伴い離職した者
2. 事業所において大量雇用変動の場合 (1か月に30人以上の離職を予定) の届出が されたため離職した者及び当該事業主に雇用される被保険者の3分の1を超える者が 離職したため離職した者
3. 事業所の廃止 (事業活動停止後再開の見込みのない場合を含む。)に伴い離職した者
4. 事業所の移転により、 通勤することが困難となったため離職した者
とある。倒産相談のケースは上記 1. と 3. (任意整理)が東京商工リサーチや帝国データバンクでの倒産の定義に相当する。

ホーム都市時刻とワールドタイムを同時に表示する機能。オシアナス タフムーブメント (TOUGH MVT.)タフソーラー、マルチバンド6、ハイブリッドマウント構造、針位置自動補正機能を備えたムーブメントの名称。2008年後半以降に発売されたモデルに搭載される。オシアナスSmart Access Model 2010年10月末から販売されているモデル。新5モータードライブと電子リューズを搭載し、操作性を改善している。



『ニコラ』誌上に登場するファッションモデルである「ニコモ」を選出するオーディション。合格者は全員、芸能プロダクションと契約を結ぶことになる。 過去には、卒業後に人気女優になった新垣結衣や岡本玲など、人気ニコモの半数ほどがオーディションから輩出されているため、芸能界への登竜門として多くの小中学生から注目されている。また我妻三輪子らがグランプリに選ばれた2002年夏の第6回オーディションの場合、一次審査を通過し誌面に仮登場しながらも最終起用に結びつかなかった者として赤谷奈緒子(ファッションモデル)、上堂薗恭子(グラビアアイドル)、多部未華子(女優)、入船加澄実(グラビアアイドル)が、後に他ルートから芸能デビューしている。

セシウムは非常に軟らかく(全ての元素の中で最小のモース硬度を持つ)、延性に富む銀白色の金属である。少しでも酸素が存在すると金色を帯びてくる。融点は28.4 °Cで、常温付近で液体である5つの元素のうちの1つである。水銀はセシウムより融点が低い唯一の金属である。加えて、金属としてはかなり低い沸点641 °Cを持ち、これは水銀を除けば全ての金属の中で最も低い値である。化合物が燃焼するとき、青色の炎を伴う。

ガガミラノ 48MM Manual (SS Case)。個性派ガガミラノの基本形といえるステンレスケース仕様。 48mmケースの大きな文字盤いっぱいにデザインされたカラフルなアラビア数字のインデックス。少し膨らんだドーム型のミネラルガラス。 懐中時計から生まれたガガミラノの独創的なケースの12時位置には大きなリューズを装着。見た目はファッショナブルなスタイルが特徴ですが、手巻きムーブメントを採用し、シースルーバックから機械を見ることが出来る仕様になっています。

ケリーと同様の人気を誇るエルメスバーキン(ビルキン) (Birkin フランス人によるJane Birkinの発音例) の名は、1984年、第5代社長のジャン=ルイ・デュマ=エルメスが、航空機の機内でたまたまイギリス出身の女性歌手ジェーン・バーキンと隣合わせになり、彼女がボロボロの籐の籠に何でも詰め込んでいるのを見てエルメス バーキンを思いついた。整理せずに何でも入れられるバッグをプレゼントさせてほしいと申し出たエピソードに由来する。なおエルメスバーキンの原型は上述のオータクロアであるが、今やオータクロアをはるかに凌ぐ人気である。

Franck Muller/Casablanca Camoufulage 【フランク・ミュラー/カサブランカ カモフラージュ】今年はフランク・ミュラーの定番コレクションである「カサブランカ」が誕生して15周年を迎える。今月の10月1日、初のリミテッドモデルとなる「フランクミュラーカサブランカ カモフラージュ」が登場した。フランクミュラーカサブランカ 旅への憧憬をいざなうエレガントなタフ・ウォッチは1940年代、モロッコはヨーロッパの人々がヴァカンスを過ごす場所であり、彼らにとっては“旅への憧れ”を誘う土地でもあった。




オーネット2010の会員数 34,228人(うち男の子:17,997、女子[敵]16,231)ご結婚おめでとう!1,951組なのね?婚活って厳しくない?だって12%よ。婚活するのに年間何十万もお金使って、88%の人は結婚できないのよ。実は女の子から告白したときの成功率の統計は出ていて、約50%の成功率なの。つまり女の子は1/2の確立で告白成功するのよ。だから婚活もマーケティングよ。結婚相談所も、それで事業が成り立ってるんだから、それなりのノウハウはあるはず!だから、視野に入れないのもなんなので、すこしは検討してみるわ。けど期待はしない!